余裕があればプロミスに全額返済をしていこう

例えば10万円の借り入れがあったとして、その金額を5、000円ずつ返済をしていくとどうなるでしょうか。
プロミスの金利は上限が17.8%になりますのでそこから考えてみましょう。
毎月の返済額は5、000円であれば用意できない金額ではなさそうです。
返済終了までには期間が24か月、つまり24回も返済を続けていくこととなります。
10万円を5、000円ずつであれば単純計算で20回で完済するのではないかと考えたいところですが、そこには利息が加わりますのでその分回数が伸びることとなります。
5、000円を支払いその金額がそのまま元金に充当されるわけではないということです。
10万円借入をして5、000円ずつ返済をしていくと完済までに支払う金額は全部で119、490円です。
つまり2万円近くを利息として支払っていることとなります。
支払う利息だけではなく返済に関わる期間も長くなりますので毎月の生活の中でキャッシングの返済という項目が24回もあることとなります。

もし、返済をしていくときに余裕があれば、もしくは少々の無理をすることができるのであれば全額返済も考えていきましょう。
初めから全額返済をする必要はありません。
もちろんそれができれば利息はかけなくても済みますのでそれに越したことはありませんが、実際には難しいものです。
返済を続けているうちに残りの返済回数が4回となったときでも7回となったときでも構いません。
これくらいの残り金額であれば一回で支払いができるとなれば思い切って完済をしてみましょう。