有機物還元型農業にて富津・木更津・君津・袖ヶ浦の耕作放棄地を大規模耕作

微生物活性材のプラント始動

弊社では微生物による土壌や作物活性に役立つ「ハイパワー夢」の製造に取りかかります。

製造を前にして、開発者である本田氏による講習会が開かれました。

 

10101601.jpg昼間は畑での作業があるため、夜間に行いましたが、スタッフは真剣なまなざし。

有機循環型農業を進めて行くには、微生物による土壌改良は効果的。

今年の枝豆を収穫していますが、必要最低限の農薬(1回)で採れていることでも効果は充分。

慣例栽培で害虫が付く前に予防をするのではなく、害虫が出てから予防をすることで、農薬もコストも減らせることに成功しています。

 

10101602.jpg一般的には、微生物と言ったちょっと聞き慣れない活性材ですが、製造を前にして本田氏に講義してもらったことで関心の無かった者までも「おもしろうそう」と言う声が聞かれる程。

今後、竹肥(竹を粉にして発行させた基肥)と共に同時進行のプロジェクト。

若い力に期待しています。

(so)

 

コメントする