有機物還元型農業にて富津・木更津・君津・袖ヶ浦の耕作放棄地を大規模耕作

俺達にもできる!!

久しぶりのブログ...

いつも村長さんにまかせっきりですみません。

 

暑すぎた夏もどこへやら、すっかり秋になって、富津から見える富士の山もきれいに見えるようになってきました。

寒い時期のほうがクッキリ見える、逆にクッキリ見えるようになってくるともう冬になるんだなぁなんて思ったりもするのです。

これからだんだん頭に白い帽子をかぶりはじめるんですねえ。

 

なんて呑気なことは言ってられません、

毎日まいにち野菜とにらめっこ、当社の「ステッパーズ(福祉部)」   ←私が勝手に名付けました。

も暑かった夏をなんとか乗り切り、新たな野菜・新たな難題へと向かっていく、ステップしていくのです。

 

 ある日なんとなく思いついたのが、俺達にもできんじゃね?的な「不耕作農地の復旧」

千葉農産の大きな柱となっているこの「不耕作農地の復旧」を私たち福祉部でもやってみようと、一枚の畑をお借りし、草刈りをはじめました。

 2メートルを超える草木がビーーーーッシリ!!30メーター奥まで続いています。

草を刈ったらス~~~ッキリ気持ちいいぞ~~~~~!っと気合を入れましたが、

前日に草刈りに挑んだK君はこの草藪の付近で足長蜂に「ちくっっっ!!!」

とやられていました(・・;)

蜂がいないかキョロキョロ見回し、ビビりながら草に突入!!

不耕作農地.jpgはじめは大きな機械や草刈り機など、とにかく触ってエンジンかけてやってみた。

     ⇓

 

不耕作農地2.jpgデキル!!!

俺達にも出来るじゃないか!!

ただ草を刈り始めただけで、畑として使えるようになるのはまだまだ先だけど可能性を感じた

普段、出来ないことばかりに目が行ってしまいがちで、大事なところを見落としていた。

皆には出来ることを精一杯やってもらうこと、出来ないことを少しずつでもいいから出来るようになってもらうこと、これが大事だった。

 

なんとかきれいな畑にして皆でおいしい野菜の種を播きましょう。

皆とならやれそうな気がします。

                                                  3号

コメントする