有機物還元型農業にて富津・木更津・君津・袖ヶ浦の耕作放棄地を大規模耕作

降霜

 今朝、車に乗り出勤しようとすると窓ガラスが凍ってしまっていてなかなか走り出すことができませんでした。

比較的温暖で雪も滅多に降らない千葉県南部にも寒い冬が訪れ、今朝は霜が降りていました。

 

こうなると植え付けたばかりのキャベツが心配で...、朝一で圃場を巡回して参りました。

しかし、畑のキャベツには影響は見られず、昼の観察でも問題なし、まだ油断できませんが明日から気温が上がるということなので一安心。

根がつくまでは気温低下に気をつけなければ、

 

見廻りついでに今年初挑戦のナバナ畑にも行ったみました。

111210_162614.jpg

キャベツ・ほうれん草の収穫が忙しく続くこれからの時期に、1反5畝のナバナが生育中。キャベツとほうれん草の収穫の合間の収穫で毎日出荷物を絶やさず続けていきたいと考えています。

本格的な収穫は1月上旬からの予定。

 

畑の虫食い病気などをチェックしながら歩いていると、蕾をつけているものを見つけました。

111210_162505.jpg

ちょっと色が薄い気が、肥料不足でしょうか...。

ナバナのイメージとしては3月頃暖かくなってから黄色い花が咲くような気がしますが、寒さに強く(むしろ寒くならないと花芽が出ない)この時期から開花の準備を始めています。

 

中にはこんなものも、

111210_162755.jpg

もう咲いていました。

ナバナの収穫が始まる前に、毎年恒例の車両・農機のメンテナンスが待っています。今年は年内に終わらせないと収穫が大変なことに...。

 

 

 

これからの時期、長靴を履いて作業していても足がしびれるほど、土の冷たさが長靴を通し足に伝わってきます。

皆様も体調など崩さぬようお気をつけください。

                                                     3号

コメントする